【婚禮大小事】幸福のコイン「6ペンス」 Previous item 【婚禮大小事】婚禮幸福傳說卷三~捧花及胸花的由來 Next item 【婚禮大小事】婚禮幸福傳說卷一「Something...

【婚禮大小事】幸福のコイン「6ペンス」

幸福の6ペンス(sixpence)という銀貨を聞いたことありますか?

婚禮的幸福傳說卷一「Something Four」

Something old,
Something new,
Something borrowed,
Something blue,
And a sixpenece in her shoe.

サムシングフォーを歌ったとされるマザーグースの唄の最後に
「そして花嫁の左の靴に6ペンス」という歌詞があり
イギリスでは古くから結婚式でこの「6ペンスコイン」が使われてきました。

6ペンスコインは1551年~1967年にかけて実際にイギリスで発行され1980年まで流通していましたが
現在では発行していないため幻のコインとも呼ばれています

結婚式に花嫁の左の靴の中と花婿の胸ポケットの中入れると幸せになれるという

ジンクスがあることから幸福を運ぶ6ペンスと言われています。

6ペンスコインはイギリスの古い硬貨で1967年に発行が終了しており、
現在は生産・使用されていませんが現在でもウェディングだけでなく
クリスマスにはクリスマスプディング(イギリスの伝統的なケーキ)に入れて、
それを食べた人に幸せが訪れるという言い伝えや、お守り代わりに持ち歩く人も多く
誕生日のプレゼントなどにも人気があります。

長い歴史を持つ6ペンスコインは年代によってデザインも様々

新郎の胸に加工したコインを付ければオシャレ度もUP!

結婚式が終わったらペンダントにすることもできます

思い出の品として大切に保存するのもいいかもしれません

再不然把它做成蜂蠟,讓所有賓客一起感受一下。

各式各樣的6便士銀幣小巧思等著新人們一起來發覺。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。